転職の思い出とそれにまつわる体験談

私は一度だけ転職をしたことがあります。もう何年も前になりましたが、当時の記憶は鮮明に残っています。当時の私はバリバリの営業マンで、新規先数を増やすことに定評がありました。営業の最高の形は、自分からお願いして契約をする営業ではなく、相手にお願いをさせて得る契約という境地に立っていたからです。自分のいた支店は営業成績も高く、私はその支店に異動になった時も戦力として期待されていました。努力の甲斐あって、個人・支店共に表彰されたこともありますが、日に日に誰の為の営業なのかわからなくなっていきました。結局、支店と営業成績の為に働く自分に嫌気がさして、高給取りの座を自ら降りたことは今でもわすれません。しかし、数ある反対を押し切り今に至るまで一切の後悔はありません。看護師の年収は本当に高い?

このページの先頭へ